召喚師はじめました

やっとサモンナイト5、1周目クリアしました!

結構時間がかかってしまいましたw
実はラスボス前までは4日前くらいに達成していましたw
サモンナイトには引継ぎ要素があるんですがその引継ぎ用に1周目からやれることはやっておくかぁと最終戦を前に引継ぎのやり込みをしていたわけです。

この引継ぎ用のやり込みが思いのほか時間がかかってしまいました。
ストーリー半分、やり込み半分くらいの時間がかかっていますw
1周目にやれることを全部やって一段落が付き、ようやく1周目をクリアしました。


さて、1周目をクリアしたのでサモンナイト5の感想を少々。

まず、一番言いたいことは

今までのサモンナイトとはまるで別ゲー

と言うことです。


サモンナイト5の舞台は今までのナンバリングと同じ舞台なんですが時代設定が4から300年後くらいの設定となっています。
そのため時代の変化とともに舞台設定が大きく変更されています。
それに伴いゲームシステムにも変更がされているのです。


大きな変更点のとしては
・召喚魔法の大幅な変更(召喚魔法作成の廃止、召喚魔法の固定化かつ少数)
・武器固定化、防具廃止(武器は一つの武器を強化していく)
・出撃数の低下(最大出撃数は5人で交代制)
・MP概念の変更(敵のMPは無制限、自軍のMPは攻撃するor受けることで回復する)
…等々


2Dから3Dに変わっただけならまだよかったもののこれほどシステムの方も大幅に変更されると今までのサモンナイトと比べるともはや新作ゲーになっています。
正直これがサモンナイトナンバリングタイトルと言われると頭を傾げたくなるレベルです。


まぁゲームシステムはこんな状態なんですがイベントや夜会話、飯塚武史氏のイラストを活かした「Live2D」なんかを見るとあぁやっぱりサモンナイトだなぁと雰囲気を感じます。

特に個人的に評価が高かったのが「Live2D」ですね。
飯塚武史氏のイラストが気に入ってサモンナイトが好きになった私は5のアドベンチャーパートの"飯塚武史氏のイラストを活かした「Live2D」"がとても気に入りました。
静止画とは違って動くキャラクター達に今まで以上に魅力を感じましたね。

ただ主力キャラクターは飯塚武史氏のイラストで問題ないんですけどモブのイラストが酷いw
飯塚武史氏のイラストは主力キャラクターだけでモブは別の作画のために主力キャラクターとモブキャラが並ぶとあまりの作画の違いに吹きますwこればっかりはとにかく酷いですw
3や4のモブはそんなに違和感がなかったのに5は…w


あと気になったのが選択肢がほぼ皆無なことです。
5のシナリオ上選択肢と言えば響友の選択(今までの護衛獣に当たるもの)とレックスorアティの選択の2つしかありませんでした。

今までのサモンナイトでは選択肢によって好感度が上がったり若干シナリオが変化したりまた隠しキャラ等のフラグになってたりしてなかなか攻略的要素がありました。
しかし5には選択肢がほぼなくシナリオは完全固定、1本道でしたね。
選択肢によって変化するシナリオやプレイ主による攻略の幅が面白かったゆえに選択肢なしは残念です。


とこのようにサモンナイト5は若干マイナス点が目立ちます。
一度なくなってしまった作品であるためにこのさまざまな変更は致し方ないのかもしれません。
また機種がPSPでありかつ3Dになったために容量等の問題もありシステムの変更を余儀なくされたのではないか、という話もあります。
いずれにせよサモンナイトファンにとっては残念な出来ではないかと思います。


それでもサモンナイト5が出てくれたことが私はうれしいです。
今までのサモンナイトとは違う…それは逆の意味で新しいサモンナイトを遊べると言うことかもしれません。
実際私はサモンナイト5も新しい気持ちで楽しくプレイしています。


復活したサモンナイト。
もし6が出るなら5の教訓を生かしよりよい作品になるとすごく期待しています。

サモンナイト応援しています。
ぜひ6も出してください!待っています!
スポンサーサイト

龍は蘇る

こんにちは。
まだ5月だと言うのに暑い!暑すぎる!
これ夏になったらどうなってしまうん…。


今日はこちら
CA3G0141.jpg
2013年5月21日発売のVジャンプ7月号を買いました。
付録は『青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)』です。

青眼の白龍と言えば原作遊戯王で登場する主人公武藤遊戯の最大のライバルである海馬瀬人が最も信頼するしもべです。

まさかここにきて原点復帰とは原作遊戯王から知っている私にとってはうれしい限りです。


青眼の白龍がこの時期にカードとして復帰したのはおそらくと言うかほぼ確実に2013年6月15日に発売されるストラクチャーデッキ『青眼龍轟臨』の存在でしょう。

『青眼龍轟臨』は今回の青眼の白龍が主役のストラクチャーデッキなのです。
ストラクチャーデッキの新カードによるデッキ強化、今後青眼の白龍デッキが注目されそうです。


青眼の白龍と言えば思い出があります。
私は原作遊戯王から遊戯王OCGをやっていた身であるために遊戯王1作目のカードにも思い入れがあります。
特に主役キャラクターが使うカードが欲しくてカード買い捲ってましたねw

私がカードを買い始めたのは第2期シリーズからなんですがそれの「青眼の白龍伝説 -LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON-」を夢中で買ってました。

レアに暗黒騎士ガイアにブラック・マジシャン、そして青眼の白龍…。
特に当時の私はなぜか青眼の白龍に一番夢中になっていてそのパックに収録されている青眼の白龍を3枚も集めてしまったほどですw

この青眼の白龍は俗に言う初期絵として人気が高いカードになります。
最も人気が高いの初期絵の中のさらに第1期のカードですかね、ステータスのATKとDEFが攻撃力・守備力と書かれているものになります。(私が持っている第2期のカードはステータスが攻・守と書かれています)

初期絵と言われるものは第2期までとなり第3期からはイラストが変わっています。
そのために初期絵の青眼の白龍は人気があるのです。


CA3G0142.jpg
これが私の持っている初期絵の青眼の白龍。(上は今回Vジャンプ付録の青眼の白龍)

後にも先にも一番カードを集めるのに必死になってた時期ですかね。
レアカードを3枚集めたのもこれが最初で最後だったり。
それほど青眼の白龍に夢中になってました。


そんな青眼の白龍ですが時代の流れと成長とともにいつしか私の中では忘れ去られた存在になってました。
あんなに夢中だった青眼の白龍…今でもあの時が遊戯王OCG熱の最絶頂だと思います。

青眼の白龍。あの時の思い出のカード。
今も昔もコレクションとして大切にしていきたいと思います。


そして青眼の白龍ストラクチャーデッキの登場で青眼の白龍は再び輝けることが出来るのか…。
期待しています。

召喚師の夜、再び!

2013年5月16日。
遂にこの日がやってきた…。

そう


サモンナイト5発売日ー!


CA3G0138.jpg

と言うわけで買いました!サモンナイト5!

前作サモンナイト4が発売されたのが2006年11月30日…そしてサモンナイト5が2013年5月16日。
その間実に6年半!待望の続編が登場しました!

長かったなぁ…。
正直サモンナイトは4で終わりだと思ってました。
その理由にサモンナイト開発元のフライトプランの倒産です。


2011年にフライトプランの本社ビルが解体された画像を見たときはショックでした。
フライトプラン好きでした。
特に数あるゲームの中で一番好きかもしれない「サモンナイト」と「ブラックマトリクス」が好きでよくプレイしたものです。
そんな名作がもう出ないんだなぁと思うとかなしかったですね。

そしてサモンナイト4から6年半の月日を経て発売されたサモンナイト5。
まさか…サモンナイトの続編が発売されるとは…。


サモンナイト5の開発元はFELISTELLA(フェリステラ)となっています。
聞きなれない名前ですがこの会社は旧フライトプランのスタッフにより設立された会社なのです。
新会社ではありますがサモンナイトスタッフが作り上げたサモンナイト5…まさに正式な続編といっていいでしょう。
フライトプランじゃないのは残念ですがサモンナイト5が発売されただけでもうれしいです。


ただまぁ、少し残念なこともあります。
それはサモンナイトが3D化してしまったことです。

これは個人の好みでしょうが私はどのゲームでも3Dより2Dが好きなのです。
今ほとんどのゲームは3Dが主です。むしろ今時2Dである方がおかしいくらいです。

ですが私は2Dが好きです。
ファミコン時代からゲームやっている私としては2Dゲームがとても印象が強いです。
今でも3Dを敬遠していてこれが2Dならなぁと思うことも多々あります。


サモンナイトと出会ったのはサモンナイト2からでしたね。
初のパッケージ買いでしたがプレイしてみるとこれがどハマりしてドット絵のS・RPGというジャンルを一番好きにしてくれたのがサモンナイト2でした。

その後もサモンナイト1・3・4そして同フライトプラン開発のブラックマトリクスシリーズもやりました。
実はブラックマトリクス2が3D化したんですがその時の「これじゃない感」は忘れられません。
やはりS・RPGは2Dに限る!と思っていたものです。

しかしサモンナイト5は3Dになりました。
本当は2Dがよかったのですがこれは時代の流れですかね。仕方ありません。
むしろ続編が出ただけでも喜ぶべきでしょう。


あと地味に特典の設定資料集が薄くなってることにショックだったです。
今までの設定資料集はしっかり作ってあったのにサモンナイト5のはなんかペラペラでちょっとちゃちい。

今までの設定資料集は「オフィシャルビジュアルファンブック」と称されていたんですけどサモンナイト5の設定資料集にはそれがないです。
これを見るにサモンナイト5の設定資料集は今までの設定資料集(オフィシャルビジュアルファンブック)とは別物と見た方がいいかもしれないですね。
オフィシャルビジュアルファンブック好きだったのに…残念です。


と若干不満な点はありますがサモンナイト5が発売したことの方が圧倒的にうれしいです。
またサモンナイトで遊ぶ日がこようとは…。

サモンナイト5楽しみです。


サモンナイト5が出たということはサモンナイト6も出るんですよね?(チラチラ
期待していいんですよね?(チラチラ

フェリステラさんお願いします!
FC2カウンター
プロフィール

赤良木実

Author:赤良木実
主にセキラで活動しています。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: