偽物と本物

こんにちは。
10月も残りわずか…と言うか今年も残りわずかですね。


今日はこちら
CA3G0281.jpg
ビッグオーダー 8巻』を購入しました。
発売日は10月26日。

ビッグオーダーの8巻には2種類あり通常版とは別に「オリジナルアニメBD付き」の完全予約受注限定版も存在します。
私も限定版の存在は知っていましたがあえて通常版を購入しました。

理由としてはまず一つ値段が少々高い
オリジナルアニメBD付きとあって1個当たりの値段が4000円超えと漫画本としては少々高いです。
こちらのメインは「オリジナルアニメBD」として捉えています。
一方私のメインは漫画本本体の割合が多いために通常版を選択しました。
もう少し安ければ買ったかもしれないですけど…w


肝心の中身の方は相変わらず面白いですね。
最初の方は”在り来たりな能力者バトルもの”と言った感じで見てたんですけど6巻あたりの内容から”能力者バトルもの”と言うよりキャラクターや物語の”設定”面が面白くなってきました。

未来日記では”携帯電話を使った能力者バトル”と言ったちょっと変わった設定に惹かれてました。
そして新作のビッグオーダーですが、割とスタンダードの能力者バトルものだったので未来日記ほど興味は薄かったと自分の中では感じでいていました。
でもキャラクターや物語の設定から見るビッグオーダーが上に出てくると面白さが増しましたね。
未来日記でも様々な設定・物語が面白かったようにえすのサカエ先生作品のそういうところが私は好きなんだなと改めて思ったところです。


TVアニメ化もされるようですが楽しみですね。
ビッグオーダー面白いです。
スポンサーサイト

伝説の剣-5

こんにちは。
最近日が落ちるのが早くなりましたね。夏から秋にそして冬へと移り変わりでしょうか。


今日はこちら
CA3G0280.jpg
10月21日発売のVジャンプ12月号を買いました。

お目当ては勿論付録の遊戯王OCGカードw
今月の付録カードは『超重剣聖ムサ-C』です。

超重はアニメ遊戯王ARC-Vで登場するゴンちゃんこと権現坂昇が使用する「超重武者」カテゴリーの一部です。
「超重武者」は日本の神話や童話、時代劇等の剣豪等のをモチーフにしたイラストが多いです。
このカードのモチーフは言わずもがな宮本武蔵ですね。

また「超重武者」主な特徴としてはカード名に英字数字が入ってることや、種族は機械族、そして「超重武者」を使用する権現坂のデュエルスタイルがフルモンスター(魔法や罠を使わずモンスターのみで構築されたデッキ)であることからすべてのカードがモンスターカードといったところです。

そんな「超重武者」カテゴリーであるこのカードですが見ての通りシンクロモンスターです。
素材指定のない星5シンクロモンスターであり効果も墓地から機械族モンスターを回収できると汎用性が高いカードとなっています。
そして機械族で星5…機械族星5が2体並べばあのサイバードラゴンインフィニティも呼べてしまうという中々機械族にとっては便利なカードとなりそうです。

私もこのカードが使えるデッキと言えばガジェットでしょうかね。
最近だと新しい「音響戦士」を取り込んだガジェットが中々イイデッキなのではないかと評価が上がってます。
環境デッキとはいかないですけがそんなガジェットデッキに投入するとイイ動きをしてくれそうです。

あと個人的なのはギミック・パペットにも使いたいのですが…。
実は今ギミック・パペットデッキに頭を抱えてます…。まぁこちらはまた機会があればいずれ…。


最近のVジャンプは遊戯王OCGカードの付録が多いですね!
また来月号にも遊戯王OCGカードが付録に付くんですって!
やっぱり付録にカードが付く方が売れるのかな?w私はうれしいですけどねw


もう一つこちら
CA3G0279.jpg
こちらは10月17日発売の新弾『ブレイカーズ・オブ・シャドウ』です。
うん、新弾ですがこのパックは特に欲しいのがなかったので3パックだけ買いました。
だって、集めてるカテゴリーが一つも収録されてないんですもの…w


私が遊戯王ARC-Vでお気に入りのカテゴリーと言えばまずは「RR(レイド・ラプターズ)」、そしてまだ一つもOCG化されてないですが「魔界劇団」の2つはかなりのお気に入りです。
あと最近になっていいなと思えてきたのが「Em(エンタメイジ)」ですかね。

最初の方はレベル4の普通の効果モンスターばかりだったので特になかったのですが、使用者であるデニスがペンデュラム召喚を使ってから「ペンデュラム召喚もできるのか」と少し興味が沸いてきました。
ただ今のところそのEmペンデュラムカードが凶悪らしく「EM(エンタメイト)」を取り込んだ「EMEm」というデッキがものすごい勢いで環境を制覇しています…w
そこがちょっと複雑なところです。

実は私はあまり環境デッキと言うのがあまり好きでありません。
大会にも出ない甘っちょろいやつなのでただの戯言なのですが、なんとなく「人とはちょっと違ったデッキを使ってみたい」と言う気持ちがあります。
この「ちょっと違った」と言うのは使用人口が少なめのデッキと言ったところでしょうか。
強いデッキには興味ありますが周りみんながみんな同じデッキとなってしまうためちょっと面白くないかなぁと思ったりもするからです。
もちろん強いからこそ環境デッキとなり使う人が多いのもわかります。そしてこんな甘い考えを持っているために大会にも出れないし出ませんし、所詮フリー専用な考えだと理解しています。
ただなんとなく抵抗があるのです。

今の環境デッキでトップ3ともいえるデッキが「EMEm」「帝」「彼岸」と言われています。
はい、この「帝」ですがストラクチャRで登場した「真帝王降臨」で組んだデッキがめちゃくちゃ強いです。
「帝」は好きなんですがこうなると抵抗が出てしまってなんか使いにくいと感じてしまうところです。
これは過去の「HERO」のストラクチャーデッキが発売された時も同じ思いを受けました。
まぁもっとも私が使おう使わまいが周りはしったこっちゃないしどうでもいいことなんですけどね。
ただの意味不明な自己嫌悪です。

と、話がズレましたが「EM」はあまり好きじゃないですが「Em」は好きですw
まだ「Em」のカードのOCG化が少ないですがこれからの「Em」は期待が持てます。
特に星5あたりの「Em」たちが気になりますね。次のパックあたりで出るのかな?


そして来月の11月14日は『ブースターSP ウィング・レイダーズ』の発売が迫っています。
RR好きな私としてはこれは見逃せない…。これは箱買いをしなければならないか!?
こちらは非常に楽しみです^^

で、

魔界劇団はいつOCG化されますか!?

アップチェンジ!

こんにちは。
今年も残すところあと3ヵ月とか…1年早すぎィ!


誰かが言った

もはや遊戯王ブログであると。

はい、と言うわけで今日はこちら
CA3G0278.jpg
10月3日発売の漫画『遊戯王ZEXAL 9巻』を買いました。
付録のカードは『ガガガヘッド』です。

漫画遊戯王ZEXALの最終巻となります。
5D'sに続きZEXALも完結してしまいましたね。

漫画版ZEXALの第1話はアニメ版ZEXALの第1話と連動しておりほぼ全くの同じ内容の話でした。
またその後も多少の違いはあれどアニメと同じような内容の話が合ってアニメと同じ展開になるのかと思っていたら途中から漫画オリジナルの展開になっていき残念なようなうれしいような気持ちでした。
でもアニメと同じ内容なら漫画でやる必要もないし漫画版オリジナルストーリーなら漫画でも「No.」が出せるのでお得?ですよね。

アニメと一番違うところと言えばやはり敵対キャラでしょうか。
主人公である九十九遊馬、ライバルであるカイトとシャーク、そしてDr.フェイカーやMr.ハートランド等最初は懐かしのメンバーがアニメ同様の登場でしたが広がることはなかったですかね。
アニメだとこの後にゴーシュやドロワ、トロン一家のⅢ・Ⅳ・Ⅴ、そして最終的にはバリアンズ達、そしてドン・サウザンドの登場で最終的にはぶっとんだ展開になっていましたが漫画版ZEXALは八雲の登場以降そのままラストまでまっしぐらでした。
キャラクター的には少ないものの遊馬・カイト・シャークの純粋な活躍は見てて面白かったです。

またアニメでは全No.の登場はなく漫画オリジナルのNo.の登場もありアニメでは補完しきれなかったNo.を出せたことは大きいでしょうし、漫画で展開することでプレミアムパック等でOCG化する機会の可能性もあってユーザーとしてもうれしいですね。

漫画版の最後では遊馬とアストラルがデュエルするのですがそのデュエルの内容で漫画版No.とアニメ版No.の競演が熱かったです。
特にアニメ版No.としてトロン一家のⅢの「No.6 先史遺産アトランタル」Ⅳの「No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス]Ⅴの「No.9 天蓋星ダイソン・スフィア」の登場はⅣ好きな私にはたまらない演出でしたw


さて、漫画版ZEXALが終わったことでZEXAL自体今後の展開も終わったわけですがNo.が100枚で揃ってない件。
アニメで登場したNo.、漫画で登場したNo.、アニメ&漫画で登場したもののまだOCG化されてないNo.、そしてアニメ漫画両方に登場はしてないもののオリジナルとしてOCG化されたNo.を合わせても100枚に到達していません。
アニメや漫画で登場したNo.でまだOCG化されてないものはPPなどでOCG化される可能性もあるでしょうけどまったく無名のNo.ははたしてどうなるのか…。オリジナルNo.カードとして勝手にOCG化されるのかな?

アニメや漫画終了までに全No.の判明して欲しかったところですが難しかったのでしょうかね。
オリジナルNo.としてOCG化はうれしいもののアニメにも漫画にも登場してないとぽっと出感が強くて…w
まぁだとしてもいつかはNo.100枚OCG勢ぞろいして欲しいものです。
でも過去の例もあるしなぁ…。プラネットシリーズとか…w


漫画遊戯王ZEXAL面白かったです。
ZEXALが終わってVジャンプに遊戯王漫画の穴が開くなと思いきや連載されたのは漫画版遊戯王ARC-V。
しかも漫画ZEXAL同様のタッグで開始とまだまだ漫画版遊戯王も続きますね。

漫画遊戯王ZEXALお疲れ様でした。
そして引き続き漫画遊戯王ARC-Vも頑張ってください!応援しています!
カウンター
プロフィール

赤良木実

Author:赤良木実
主にセキラで活動しています。

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: