龍は蘇る

こんにちは。
まだ5月だと言うのに暑い!暑すぎる!
これ夏になったらどうなってしまうん…。


今日はこちら
CA3G0141.jpg
2013年5月21日発売のVジャンプ7月号を買いました。
付録は『青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)』です。

青眼の白龍と言えば原作遊戯王で登場する主人公武藤遊戯の最大のライバルである海馬瀬人が最も信頼するしもべです。

まさかここにきて原点復帰とは原作遊戯王から知っている私にとってはうれしい限りです。


青眼の白龍がこの時期にカードとして復帰したのはおそらくと言うかほぼ確実に2013年6月15日に発売されるストラクチャーデッキ『青眼龍轟臨』の存在でしょう。

『青眼龍轟臨』は今回の青眼の白龍が主役のストラクチャーデッキなのです。
ストラクチャーデッキの新カードによるデッキ強化、今後青眼の白龍デッキが注目されそうです。


青眼の白龍と言えば思い出があります。
私は原作遊戯王から遊戯王OCGをやっていた身であるために遊戯王1作目のカードにも思い入れがあります。
特に主役キャラクターが使うカードが欲しくてカード買い捲ってましたねw

私がカードを買い始めたのは第2期シリーズからなんですがそれの「青眼の白龍伝説 -LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON-」を夢中で買ってました。

レアに暗黒騎士ガイアにブラック・マジシャン、そして青眼の白龍…。
特に当時の私はなぜか青眼の白龍に一番夢中になっていてそのパックに収録されている青眼の白龍を3枚も集めてしまったほどですw

この青眼の白龍は俗に言う初期絵として人気が高いカードになります。
最も人気が高いの初期絵の中のさらに第1期のカードですかね、ステータスのATKとDEFが攻撃力・守備力と書かれているものになります。(私が持っている第2期のカードはステータスが攻・守と書かれています)

初期絵と言われるものは第2期までとなり第3期からはイラストが変わっています。
そのために初期絵の青眼の白龍は人気があるのです。


CA3G0142.jpg
これが私の持っている初期絵の青眼の白龍。(上は今回Vジャンプ付録の青眼の白龍)

後にも先にも一番カードを集めるのに必死になってた時期ですかね。
レアカードを3枚集めたのもこれが最初で最後だったり。
それほど青眼の白龍に夢中になってました。


そんな青眼の白龍ですが時代の流れと成長とともにいつしか私の中では忘れ去られた存在になってました。
あんなに夢中だった青眼の白龍…今でもあの時が遊戯王OCG熱の最絶頂だと思います。

青眼の白龍。あの時の思い出のカード。
今も昔もコレクションとして大切にしていきたいと思います。


そして青眼の白龍ストラクチャーデッキの登場で青眼の白龍は再び輝けることが出来るのか…。
期待しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

赤良木実

Author:赤良木実
主にセキラで活動しています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: