ブログ納め 2015

--------------------
私の宝物

何気ない毎日が

どんなものよりも価値がある宝物

そんな当たり前の日々を失ってしまった時

初めて気づかされた

それがどんなに大切な宝物だったのかを

無くなってしまった宝物

もう戻ってこない宝物

だけど

無くなってしまった宝物と同時に生まれた新しい宝物があった

それは”思い出”という宝物

その宝物はけして無くなったりはしない

私の宝物

私の大切な大切な宝物
--------------------


こんにちは。
もういくつ寝ると~お正月ですね。
2015年のブログ納めとしてこの記事を書きます。


2015年。
この年は私にとって忘れられない年となりました。
私の”宝物”が無くなってしまったから。

2015年春、それは突然やってきました。
私の”宝物”を奪い去っていきました。

「人は失って初めてその大切さに気づく」

その言葉の意味を身をもって体験しました。

その出来事を機にこのブログもやめようとも思いました。
「こんなブログに何の意味があるか」と。
ただただ雑談を書き留めるだけのこのブログ。
別に有名なブログなわけでもなし、書いていることもくだらないことばかり。
少なからず見ている人はいるのかもしれない、でもそれも些細な事なのだと。

だけど、無くなってしまった宝物と同時に生まれた新しい宝物の事を考えてみました。

私が今までこのブログに書き留めていた事は私のほんの一部分の些細な事です。
でもそのほんの一部分の些細な事でもそこに存在していたのは確かに”私自身”なのです。
このブログには過去に私が歩いた人生の一部分の”思い出”が存在しているのです。

「出会いもあれば別れもある」

私は今まで色々なオンラインゲームをしてきました。
現在でも進行形でオンラインゲームを遊んでいます。
今までのオンラインゲームの中で様々な出会いと別れをしてきました。
それは重たい話ではなくただそのゲームの中で知り合ってお話したり一緒に遊んだり。
そしてゲームをやめる時、自然と音信不通になってしまう。

所詮画面上の世界の出来事、そうなのかもしれません。
それは小さな世界の出来事かもしれないけど、一瞬だったのかもしれないけど、その時は確かに人と人が”繋がった時間”だったんじゃないかと思います。
そしてその”繋がった時間”はやがて”思い出”と姿を変えるのではないでしょうか。

このブログの事もそう思いました。
見ている人にとっては何の変哲もないただブログだったとしてもそのブログに存在する”私自身”を見てくれたことには変わりはない。
そしてその後、たとえ記憶に残らなくてもこのブログを見てくれたことには変わりはない。
そのほんの一瞬の”繋がった世界”こそ意味があるのではないのかと。

いつかこのブログも消える時がくるかもしれません、今やっているオンラインゲームもやめる時がくるかもしれません。
でもこのブログやオンラインゲームで別れてしまったとしても
『ブログを見てくれてた人が、オンラインゲームで出会った人が、また別のどこかの誰かのブログを見た時、別のどこかの誰かとオンラインゲームで出会った時、それは新しく生まれた人と人とが”繋がった瞬間”なのではないのか、たとえ記憶から忘れ去られていってしまうとしても別れは”思い出”という形に変わるのではないのか』
と私は思いました。


「人は失って初めてその大切さに気づく」
「出会いもあれば別れもある」

2015年はこの二つの言葉の意味を改めて考えさせてくれた年でした。

2015年お疲れ様でした。
ブログも可能な限り続けていこうと思います。
2016年もよろしくお願いします。

良いお年を。


赤良木実
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

赤良木実

Author:赤良木実
主にセキラで活動しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: