トップヴィジョン

こんにちは。
3月14日はバレンタインデーのお返しホワイトデー。
ホワイトデーのお返しはそれぞれだと思いますがお菓子で返すのならクッキーorマシュマロと思っていたりする私です。


今日はこちら
CA3G0342.jpg
3月11日に一般発売された『PREMIUM PACK 19』を購入。
とりあえず7パックほど。

毎年発売を楽しみにしているプレミアムパック。
PP19の実用的収録内容は…微妙かもしれません^^;
ただ!コレクション的には好みのパックです!

特に個人的にポイントが高いのが漫画遊戯王GXと5D'sのカードが収録されていること。
GXも5D'sももう古い漫画です。そんな過去の作品から収録してくれるなんて実用性はともかくコレクション性は高いですね。

特にイチ押しなのが『V・HERO ヴァイオン』です!
V・HEROとかマージカ。
遊戯王GXではエド好きな私はD・HEROはもちろん漫画版エドが使用するV・HEROも大好きです。
V・HEROは過去にもOCG化されましたがOCGになったのは融合体でメンデッキに入るカードのOCG化は未収録のままでした。
今回1枚だけですがメインデッキに入る下級のV・HEROがOCG化されたということは今後もしかしたら他のV・HEROもOCG化されるかもしれない…、そうなったらいつかV・HEROでデッキが作れるかもしれない…、ワクワクが止まらない!
今後の遊戯王OCGに注目です!
ちなみにこの『V・HERO ヴァイオン』がPP19のトップレアらしいです。

遊戯王GXはやっぱり好きだなぁ。
今後もPPやコレパで未OCGがOCG化に期待せざる得ない。
V・HEROお願いします!

リンリンリンク

こんにちは。
少しばかり花粉症の症状が出て微妙につらい今日この頃。


今日はこちら
CA3G0341.jpg
1週間ほど遅れましたがVジャンプ4月号を購入しました。
付録の遊戯王OCGは『DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン』です。
アニメ遊戯王ARC-Vで赤馬零児が使用したカードですね。
このカードは「DDD烈火王テムジン」の進化版とも言えるカードで同期に「DDD疾風王アレクサンダー」「DDD怒濤王シーザー」があります。
この2枚のカードにも進化版が存在し収録は次のパックで収録されるようです。

次のパックと言えば2017年4月から遊戯王ARC-Vの放送が終わって新たな遊戯王のアニメが始まります。
遊戯王VRAINS(ヴレインズ)』
6代目の主人公・藤木遊作と新たな召喚方法・リンク召喚の登場らしいです。

新たな召喚方法…やはり来ましたね。
リンク召喚によって呼び出されるカードの柄は青色とのこと。
青色…儀式の仲間かな?^^
また3月25日はリンク召喚に対応したスターターデッキが発売されそれにともない遊戯王のルールも変わるようです。
Vジャンプに先行で情報が載っていましたがこれは凄まじい改革ですね…。
遊戯王が今後どうなっていくのか不安でもあり楽しみでもあります。

とりあえずスターターデッキ買うかなぁ。

X体験X

こんにちは。
2月14日バレンタインデーから1夜明けた2月15日、MHXXの特別体験版が配信されました。

体験版では初級・中級・上級の3つのクエストに加え、武器や装備は固定なものの全スタイル+ニャンターが遊べる仕様となっており体験版でも豪華仕様ですね。
特にXXから追加されるブレイブスタイルレンキンスタイルの体験もできてどのようなプレイになるのかお試しが出来るのは大きいです。

私が気になっているのはやはりブレイブスタイル。
体験版でサクッとプレイしてみましたが難しい…。
MHXでは主にガンランスxストライカーと太刀xブシドーがメイン気味にプレイしてきたので体験版で気になってたブレイブスタイルをプレイしてみましたが今までのスタイルに慣れすぎてブレイブスタイル全然動けないですわw
ブシドースタイルと似ているようで異なる仕様に手が追いつきません。
でも使いこなせれば強い雰囲気は伝わってきそう…。製品版発売までに体験版で練習ですかね。


MHXX製品版発売まで約1ヶ月。
体験版配信と共にMHXX熱が高まってきたー。
MHXX楽しみです。

太陽と月の完成

こんにちは。
散歩道で梅の花が咲いてるのを見かけました。桜もいいけど梅もいいですよね。


昨年、2016年11月18日に発売された『ポケットモンスター サン&ムーン
私が購入したのはサンですがこの度遂にポケモン図鑑が完成しました!
アローラ図鑑100%達成です!

で、これからどうしよう…w

図鑑の完成は目標に掲げていたものなのでそれが達成できたことでやり切った感が強いです。
「ポケモンバトルがあるじゃん」と言うのはもっともなんですがこっちはこっちでちょっと厳しいと言うか…。


2017年1月にポケモンサンムーンはポケモンバンクに対応しました。
これによりポケモンバトルはより複雑になったと思われます。

ポケモンバンクとは外部ソフトに当たるものでインターネット上にポケモンを預けることができるソフトです。
また預けるのは過去作のポケモンソフトからも可能なために過去作のポケモンを預ける→サンムーンで引き取るとすれば過去作で育てたポケモンをサンムーンに持ってくることができます。
これにより引き起こることは『今までのすべてのポケモンがバトルで使える』と言うことです。

ポケモンサンムーン発売当初はポケモンバンクに対応していなかったためにポケモンバトルをする場合はサンムーン内でゲットできるポケモンに限定されていました。
そのため新規と古参の差はほとんどないと言えます。経験値の差くらいですかね。
これがポケモンバンク対応により過去作のポケモンも使用可能となってくるとやはり古参者の人は有利になるのではないでしょうか。


私が厳しいと思う点は2点。
まずは全ポケモン使用可能により莫大な数がいるポケモンに対応できない
ポケモンに限らず対戦するにあたって相手の情報を知っていることは大事です。
ポケモンも例に漏れずポケモンを把握していればしているほどバトルは勝ちに近づくと思います。
しかしポケモン、今となっては数が多すぎます。サンムーンの時点では全801種って多すぎだよ…w
進化前も含まれているためにバトルするポケモンはまだ数が減りますがそれでも多すぎ。
このポケモンの知識量についていけそうにないのが一つ。

2つ目は過去作限定の特典が利用できる点。
特に大事なのがポケモンの技ですかね。
ポケモンバトルをする上で相手との戦略の要となるのがポケモン自身と技の選択です。
この技ですがポケモンによっては過去作限定でしか覚えない技もあったりします。
過去作からポケモンバンクでサンムーンに持ってきたポケモンだけが使える技、なかにほぼ必須技と言ってもいいくらい強力な技もありますから古参者の特典と言えるでしょうね。

このサンムーンだけでは不可能なポケモンと技の2点が新規者と古参者を分ける大きな壁となるのではないかと私は思います。
まぁポケモンはGTSを使えばまだどうにかなるかもしれませんが技に関してはちょっと絶望的ですかね。
この技一つで世界が変わってくるのがポケモン。
「半端な気持ちで入って来るなよ!ポケモンの世界によぉっ!」


とまぁ、ポケモンバトルも厳しくなってポケモン図鑑が完成した今サンムーンは大体満足かな、と言った感じです。
ポケモンバトルは面白いんですけどねぇ、知識量の壁の前に割とボロボロですわw

と言うわけでサンムーンも一段落付いた感じなので購入を迷っていた3月18日に発売されるMHXXを買おうかなと思っていたりします…。
こっちはこっちでまた別の壁にぶつかりそうですがw

とりあえずMHXX買う予定で行きます!
したらば!

新たな姿

こんにちは。
最近少し日が長くなってきたなぁと思う今日この頃。
気温は相変わらず寒いですね。


今日はこちら
CA3G0338.jpg
1月21日発売のVジャンプ3月号。
付録の遊戯王OCGは『古代の機械巨人-アルティメット・パウンド』です。
「古代の機械巨人」の準リメイクと言ったカードで最近遊戯王OCG公式で行われたデュエルセレクションからノミネートされたカードは「モンスター+必殺技名」として新たなカードとして誕生しています。
遊戯王GXからは「十代vsクロノス」のデュエルが選考されその中のクロノスのカード「古代の機械巨人+必殺技」のカードとなっていますね。
また近年発売されたストラクチャーデッキR「機械竜反乱」でも「古代の機械」が取り上げられていて時代のカード言えるかもしれません。

「古代の機械」割と好きです。
遊戯王の作品ではGCが好きなのでその影響もあるかもw
こんな感じで過去作のカードがリメイクとしてもっと登場してほしいですね。


さて、遊戯王ですが2017年では現在放送中のARC-Vも放送が終わり春からまた新たな遊戯王アニメが始まるとのこと!
遊戯王3年で切り替わるのが短いような長いような…。
また新たな召喚方法とか登場するんですかねぇ。割とゴチャゴチャしてきた気がしないでもない…w
ともあれ2017年の新たな遊戯王楽しみですね!
FC2カウンター
プロフィール

赤良木実

Author:赤良木実
主にセキラで活動しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: